外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【西安共同】奈良時代の遣唐留学生、阿倍仲麻呂を記念して中国西安の公園に設置された石碑が何者かにペンキのようなもので汚されたことを共同通信が7日、確認した。住民は沖縄県・尖閣諸島(中国名・釣魚島)を国有化した日本に対する抗議との見方を示し「当然の報いだ」とした。公園の近くに住む住民によると、汚れが確認されたのは5、6日ごろ。約5メートルの石碑の上から大量のペンキのようなものがかけられていた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信