外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】中国政府が3月、軍事・通商上の要衝で、アジア各国による係争地域を抱える南シナ海について、中国の領土保全にかかわる「核心的利益」に属するとの新方針を米政府に初めて正式表明していたことが3日、分かった。中国はこれまで台湾やチベット、新疆ウイグル両自治区などを「核心的利益」と位置付けてきた。新たに南シナ海を加えたことで、同海域の海洋権益獲得を強硬に推し進める国家意思を明確に示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信