外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国が沖縄県・尖閣諸島周辺に設定した領海基線をめぐり、米国防総省が年次報告書で「国際法に合致しない」と指摘したことについて、中国外務省の華春瑩副報道局長は7日の記者会見で「(基線は)関係する国際法に完全に合致している」と反論した。華副局長は「米国は領土の争いでどちらか一方の立場に立たないと何度も表明している。米国が言動を一致させることを望む」と述べ、不快感を示した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信