外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】27日の新華社電によると、139人が死亡した中国天津市の大規模爆発で、検察当局は、爆発の原因とみられる化学物質の取り扱いに対する管理監督の職務を怠った容疑などで、同市交通運輸委員会主任など関係当局の責任者ら計11人を取り調べていることを明らかにした。身柄を拘束しているとみられる。

共同通信