外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 中国政府が国連宇宙部(UNOOSA、本部・ウィーン)との間で、2022年ごろの完成を目指す中国の有人宇宙ステーションの利用機会を国連の加盟国に提供することで合意したことが28日までに分かった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信