外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】ヘーゲル米国防長官と中国の常万全国防相は19日、ワシントン近郊の国防総省で会談した。常国防相は会談後の共同記者会見で、沖縄県・尖閣諸島をめぐる日中対立や、中国と東南アジア諸国による南シナ海の領有権争いを念頭に「領土主権、海洋権益を守る中国の意志と決意を過小評価するべきではない」と強硬姿勢を示した。両氏による国防相会談は今回が初めて。会見では中国側の強気の発言が目立った。

共同通信