外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国外務省の姜瑜副報道局長は18日、明治政府が尖閣諸島の日本領編入を閣議決定した1月14日を記念日とする条例を沖縄県石垣市議会が17日に可決したことに対し「(閣議決定は)不法占拠」だったと反発する談話を出した。姜副局長は尖閣諸島について「古くから中国固有の領土であり、中国は争うことができない主権を有している」とあらためて強調。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信