外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国外務省の馬朝旭報道局長は14日の定例記者会見で、服役中の民主活動家、劉暁波氏へのノーベル平和賞授与決定を支持し、釈放を求める声が日本を含めた国際社会で広がっていることについて「下心がどこにあるのか疑う」などと述べて強い不快感を示した。局長は「(一部の国家指導者や政府は)中国の発展を望まず、政治制度が嫌いだから」として平和賞授与を支持しているのではないかと批判。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信