外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】「戦争責任」追及により日本の安全保障政策をけん制してきた中国は、オバマ米大統領の被爆地訪問で、日本が「侵略戦争の加害者としてのイメージを薄め、被害者との立場を強調している」とみて警戒感を強めているもようだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信