外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国外務省の姜瑜副報道局長は24日、中国漁船衝突事件で那覇地検が中国人船長を処分保留として釈放を決めたことについて「船長に対する日本のいかなる司法手続きも不法で無効」とあらためて指摘する談話を出し、これまで通りの強硬姿勢を示した。船長は政府がチャーター機を派遣して引き取るとしている。日中関係の修復をどう図るかが大きな課題となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信