外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】日米両政府が沖縄県・尖閣諸島をめぐる日本有事を念頭に共同作戦計画の策定に乗り出したことに対し、中国外務省の洪磊副報道局長は21日の記者会見で「重大な懸念を抱いている」と述べ、尖閣防衛に向けた日米の協力強化をけん制した。副報道局長は「外部のいかなる圧力も、領土と主権を守ろうという中国政府と国民の決意を揺るがすことはできない」と反発。尖閣は「中国固有の領土だ」とあらためて主張した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信