外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国で9日から始まる春節(旧正月)の大型連休を控えた北京市で5日、祝日用の爆竹や花火の販売が解禁された。市内では「釣魚島(尖閣諸島の中国名)を愛している」「東京大爆発」など沖縄県・尖閣諸島問題に絡めた商品名の花火や爆竹が店頭に並んだ。北京市では昨年、花火や爆竹で200人以上が負傷。ネット上に過激な書き込みも増えており、市民の愛国心を刺激。北京在住の日本人の間には懸念が広がりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信