外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】開会中の第18回中国共産党大会後に公表される中国の最高指導部メンバー、党政治局常務委員(現在9人)の選出方法について、定員を上回る候補者から中央委員らによる投票で絞り込む「差額選挙」の実施が検討されていることが10日分かった。複数の中国筋が明らかにした。最高指導部選出で差額選挙が実現すれば、中国共産党が政権を握った1949年以降初めてとみられる。政治体制民主化への一歩となる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信