外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国最高人民法院(最高裁)と最高人民検察院(最高検)は3日記者会見し、「食の安全」を脅かす犯罪に関わる刑法の法律解釈を公布、汚染粉ミルクなど人体に有害な食品を生産・販売した場合、厳罰を科すことを明確化した。中国では食用油の不衛生な廃油を再利用したり、病死した豚の肉を販売したりするなど食の安全に関わる問題が深刻化。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信