外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】16日の新華社電によると、中国国家海洋局は14日、3千トン級の大型海洋監視船「海監137」を、東シナ海を管轄する海監東海総隊に配備した。東シナ海で海洋権益保護のための定期パトロール任務に当たるとしており、沖縄県・尖閣諸島周辺での巡視態勢を強化するとみられる。中国当局は日本政府による尖閣国有化への対抗措置として海洋調査船を連日、尖閣周辺海域に派遣している。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信