外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】2日の新華社電によると、中国科学院の研究者は、紀元前からシルクロードのオアシス都市国家として栄えた「楼蘭」の遺跡で、広大な農耕地跡が確認されたと明らかにした。歴史資料で農耕の存在が示されていたが、遺跡は発見されていなかったという。遺跡は区分けされ、かんがい用水路を備えていたことから農耕地と判断。地層にはイネ科植物の花粉などが含まれており、粒子の大きさから農作物の可能性があるという。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信