外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国江蘇省の高級人民法院(高裁)は30日、同省泰州市の川に酸性の汚染水を廃棄したとして、化学工場を操業する6社に対し計約1億6千万元(計約30億円)の損害賠償を命じた一審判決を支持する判決を言い渡した。判決は確定、中国の環境訴訟では最高の賠償額という。新華社電が伝えた。

共同通信