外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家エネルギー局の張国宝前局長は10日までに、北京市内で共同通信の取材に応じ、福島第1原発事故を受け、2020年までに原発の発電容量を計8千万キロワットとする計画を見直していることを明らかにした。福島の事故後、国民の間に原発の安全性への不安が拡大。また「発展が早過ぎて技術者が追い付かない」との声が上がり、政府が見直しを決めたという。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信