外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】海外へのサイバー攻撃で度々関与が疑われる中国について、自国が攻撃を受けた場合の防御態勢は日本や米国など諸外国に比べて立ち遅れているとの報告書を、米コンピューター安全対策大手マカフィーが3日までに発表。報告書は23カ国を対象に、ウイルスからの防御対策やサイバー攻撃などへの対処能力があるかなどを評価し、一つ星から五つ星にランク付け。イスラエルを最も危機管理ができている国の一つに挙げた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信