外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局は18日、2012年の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年比7・8%増だったと発表した。成長率は2年連続で鈍化し、1999年(7・6%)以来、13年ぶりに8%を割り込んだ。第2の経済大国、中国の減速は世界経済の懸念となっており、習近平指導部は積極財政と金融緩和で景気てこ入れを図る方針だ。経済減速は欧州債務危機による輸出鈍化と、内需の勢いに陰りが出たことが要因。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信