ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中国、2年で潜水艦核を配備

 【ワシントン共同】米議会の超党派諮問機関「米中経済安保見直し委員会」は14日、中国軍が核兵器を搭載できる潜水艦発射弾道ミサイル(SLBM)を2年以内に本格配備し、核戦力の強化を進めると指摘、核兵器削減交渉に参加させる必要性を訴える年次報告書を発表した。報告書は、中国軍の近代化によって日本などアジア諸国との「軍事力の均衡が転換し続ける」と分析し、米国のアジア関与強化への期待が強まっていると論じた。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。