外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局は21日、2014年7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)が前年同期比7・3%増だったと発表した。リーマン・ショックの影響により成長が落ち込んだ09年1~3月期の6・6%増以来、5年半ぶりの低水準を記録した。不動産市況の悪化が主因。世界第2の経済大国、中国の景気減速は世界経済全体の行方に影響を与えそうだ。

共同通信