外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局が15日発表した4~6月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前年同期比7・5%増だった。成長率は1~3月期の7・7%を下回り、2四半期連続で減速した。中国の成長鈍化が世界景気の下押しリスクとなるのは必至だ。中国で不良債権拡大が懸念されているノンバンクなど「影の銀行(シャドーバンキング)」対策のため、習近平指導部が金融引き締め策を取り、投資などが鈍ったのが要因。

共同通信