外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局が17日発表した2011年10~12月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前年同期比8・9%増と、7~9月期の9・1%増を下回り、通年を指す4四半期連続で減速した。欧州債務危機を受けた輸出鈍化と金融引き締めが要因。09年4~6月期以来、2年半ぶりの低水準となり、中国経済の減速が一段と鮮明になった。追加金融緩和観測が高まりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信