外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】中国国家統計局が18日発表した2011年7~9月期の実質国内総生産(GDP、速報値)は前年同期比9・1%増となり、3四半期連続で鈍化した。市場予測(9・3%増程度)を下回った。世界経済が再び失速する「二番底」に陥る恐れが指摘される中、中国が世界経済のけん引役として安定成長を実現できるかどうかが市場の最大の関心事になってきた。成長率鈍化は、欧州の景気悪化が要因とみられる。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信