ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中大教授刺殺事件で懲役18年

 中央大理工学部(東京都文京区)の構内で昨年1月、教授高窪統さん=当時(45)=を刺殺したとして殺人罪に問われた卒業生の山本竜太被告(29)の裁判員裁判で、東京地裁は2日、懲役18年(求刑懲役20年)の判決を言い渡した。今崎幸彦裁判長は「大学生活で勉強や友人関係がうまくいかないことをきっかけに妄想性障害を発症した」と述べ、被告は犯行当時、心神耗弱の状態だったと認定した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Teaser Longform The citizens' meeting

Teaser Longform The citizens' meeting

The citizens' meeting

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。