外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ワシントン共同】国際通貨基金(IMF)は9日発表した「世界経済見通し分析編」で、中央銀行の独立性を保つことがインフレ抑制に最も有効であり、金融政策に政治が介入した場合、「リスクが生じることは歴史が示している」と警告した。中銀の独立性が揺らぎかねない日銀法改正が検討される日本では、将来インフレを招く恐れもある大胆な金融緩和が打ち出されたばかり。インフレ抑制も法改正での重要な論点となりそうだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信