外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府の中央防災会議(会長・安倍晋三首相)は20日、御嶽山噴火と8月の広島市の土砂災害を踏まえ、防災基本計画を修正することを決めた。火山噴火と土砂災害に関する二つの作業部会を11月にも設置し、火山の監視や非常時の避難誘導体制の強化策などを検討、来春までに結論をまとめる。

共同通信