外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 政府は25日、景気を下支えする経済対策の主要項目を固め、与党の部会に示した。アベノミクスの効果を地方に行き渡らせることに重点を置き、中小企業の賃上げを後押しする助成金の拡充などを盛り込んだ。自治体向けに総額約4200億円の交付金も創設。少子化対策では出産・育児の相談拠点を50市町村に設置する。対策の規模は3兆5千億円程度の見通しで、27日に閣議決定する。

共同通信