外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 新東名高速道路の用地買収契約に絡み、採石会社から受け取った約2億5千万円を所得として申告せず、所得税約9千万円を脱税したとして、名古屋地検特捜部は26日、所得税法違反の疑いで、中日本高速道路(名古屋市)の社員山田真己容疑者(42)=三重県桑名市=を逮捕、中日本高速道路など関係先を家宅捜索した。山田容疑者は総額約4億円を受け取っていたとされ、特捜部は不透明な取引の全容解明を進める。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信