外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 プロ野球、中日の岩瀬仁紀投手(38)が18日、ナゴヤドームで行われた巨人23回戦で通算セーブ数を382とし、日本選手の最多新記録を達成した。チームは3―2で勝ち、岩瀬投手は今季36セーブ目を挙げた。岩瀬投手は新人だった1999年6月23日の巨人戦で初セーブをマーク。今月15日に通算381セーブ目を挙げ、佐々木主浩投手が持っていた日米通算の最多記録に並んでいた。

共同通信