外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【ソウル共同】北朝鮮北東部の経済特区、羅先と中国吉林省琿春市を結び、中国が羅先へ物資を運ぶ事実上唯一の道路にある国境の橋が、橋脚が崩壊する危険があると判定され、9月3日から厳しい通行制限がかけられていることが29日分かった。韓国政府の韓国交通研究院の安秉ミン・北韓東北アジア研究室長が、現地調査や消息筋の話で確認した。通行制限で羅先と中国間の物資輸送に障害が出ているもようだ。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信