ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

中村紀洋が通算400本塁打

 DeNAの中村紀洋内野手(39)が30日、横浜スタジアムで行われた中日12回戦の二回に山本昌投手から今季10号のソロ本塁打を放ち、プロ野球史上18人目の通算400本塁打を達成した。通算2195試合での到達は衣笠祥雄(元広島)の2129試合を上回って最も遅いペース。39歳11カ月は当時楽天でプレーしていた山崎武司(中日)の42歳9カ月、金本知憲(元阪神)の40歳1カ月に次ぐ3番目の年長記録。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。