外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】エジプトやサウジアラビア、アラブ首長国連邦(UAE)など中東諸国の多くで7日、イスラム教で最も神聖な月であるラマダン(断食月)が終了、断食明けの祝祭期間が8日から始まった。混乱が続くエジプトでは8日から4日間の祝祭休が開始。同日にはクーデターで追放されたモルシ前大統領支持者による大規模な集会も予想され、暫定政権側が強制排除に踏み切ればさらなる衝突は避けられず、予断を許さない情勢だ。

共同通信