外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【エルサレム共同】中東和平交渉再開に向けて調停活動をしているケリー米国務長官は19日、訪問先のヨルダンの首都アンマンで記者会見し、和平交渉を再開するための合意を目指して、近くワシントンでイスラエル、パレスチナ双方の当局者が会談する見通しだと述べた。会談が実現すれば和平交渉再開に向けて前進だが、双方にこれまでどの程度の歩み寄りがあったのかなど協議の詳細は明らかにされておらず、予断を許さない状況だ。

共同通信