外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 第25回東京国際映画祭の授賞式が28日、東京・六本木ヒルズで開かれ、コンペティション部門の最高賞「東京サクラグランプリ」にロレーヌ・レビ監督のフランス映画「もうひとりの息子」が選ばれた。同監督は最優秀監督賞も受賞した。「もうひとり―」は、イスラエルとパレスチナの青年が出生時に取り違えられていたことが判明し、家族のアイデンティティーが揺らいでいく様子を描いた人間ドラマ。映画祭は同日閉幕した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信