外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【カイロ共同】サウジアラビアなど中東諸国の多くで10日までに、イスラム教のラマダン(断食月)が始まった。約4週間、日の出から日没までの飲食が禁じられる。人々の日中の活動が緩やかになるため、シリア内戦をはじめ、エジプトなど中東各地の混乱収束のきっかけになればとの声も出ている。トルコの主婦ダバンルさんは「ラマダンは自制を心掛ける月。政府もデモ隊も寛容の心を持ってほしい」と事態収拾に期待を寄せた。

共同通信