外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 児童相談所を設置していない全国46の中核市(人口20万人以上)のうち、65%に当たる30市が「今後、児相の新設を検討していない」と答えたことが26日、厚生労働省の調査で分かった。2004年の法改正で中核市も児相の設置が可能となったが、金沢市と神奈川県横須賀市しか置いていない。調査では、財源や人材の確保への懸念が大きな壁となっている現状が浮き彫りになった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信