外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 宇宙航空研究開発機構(JAXA)は30日、新型ロケット「イプシロン」の打ち上げ中止は、ロケットに搭載されたコンピューターと地上管制設備の信号のやりとりに約0・07秒の時間差が生じたことが原因とみられると発表した。発射場の内之浦宇宙空間観測所で森田泰弘教授が記者会見し、この時間差は20日のリハーサルでも発生していたと説明。「ずれが生じることに思いが至らず、見落としていた」と明らかにした。

共同通信