外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 東海、東南海、南海の3連動地震で大きな被害が予想される中部圏で、東海4県と長野県、国土交通省中部地方整備局、民間企業などが連携した地震、津波防災訓練が13日、名古屋港や開通前の新東名高速道路サービスエリアなど7カ所で行われた。県境をまたぎ、民間企業を交えた広域的な防災訓練は中部地方では初めて。東日本大震災を教訓に、3連動地震の防災対策を議論している「中部圏戦略会議」が主催し70機関の約千人が参加した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信