外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 三菱商事、日本製紙、中部電力の3社が、東京電力管内の静岡県富士市に石炭火力発電所を共同で建設することが7日、分かった。発電した電力は、現在三菱商事の子会社で、今後中部電が買収する予定の特定規模電気事業者(新電力)の「ダイヤモンドパワー」(東京)が買い取る。中部電が7日午後発表、約80%を取得して傘下に収める。買収予定は10月1日とみられる。電力会社が新電力を買収するのは異例。

共同通信