外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 2013年9月中間決算の発表が31日、ピークを迎えた。円安進行を追い風に自動車や電機の業界で業績回復が目立ち、景気の改善基調を裏付けた。ただ、新興国市場の減速や燃料費の高騰が重荷となっており、先行きには不透明感も漂う。

共同通信