外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 【北京共同】韓国の朴槿恵大統領は27日、就任後初めて中国を訪問し、北京で習近平国家主席と首脳会談を行った。両首脳は北朝鮮の核保有を容認しない考えで一致。中国中央テレビによると、習氏は会談で「誰であれ地域の平和と安定を破壊する行為に反対する」と述べ、北朝鮮にくぎを刺した。習氏は会談後の会見で「6カ国協議の早期再開を望む」と述べ、中韓両国が北朝鮮核問題の対話を通じた解決を図るとの立場を強調した。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。









swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信