外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 奈良県橿原市で3月、公立中1年の女子生徒=当時(13)=が自殺した問題で、市教育委員会の吉本重男教育長は26日、遺族と面会し、いじめと自殺の因果関係は低いとした発言について「不適切な発言だった。結果的に遺族を傷つけて申し訳ない」と謝罪した。また、市教委は26日、遺族の要望を拒否して立ち上げた調査委員会の委員4人について、遺族の意向をふまえて人選を見直す方針を明らかにした。

共同通信