外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 先月13日に87歳で死去した作家丸谷才一さんが、終戦をテーマとした連作短編を構想し、うち1編を書き残していたことが7日、分かった。9日発売の雑誌「文芸春秋」12月号に掲載される。同誌版元の文芸春秋によると、遺稿短編のタイトルは「茶色い戦争ありました」。中原中也の詩から取ったと思われる。やはり中也の詩から取ったタイトル「思へば遠く来たもんだ」という連作短編の構想をつづったノートも見つかった。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


Neuer Inhalt

Follow button for Twitter

subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。










共同通信