外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 専業主婦らが国民年金の第3号被保険者から資格を変更せず保険料未納となっている問題で、政府、民主党が、本来より多く年金を受け取っている受給者に対して返還を求めない方向で検討に入ったことが29日、明らかになった。民主党内の意見に配慮した形だが、すでに資格変更をして年金を減額された人らから不公平だとの反発が出るのは必至だ。近く、党の厚生労働部門会議で決定するが、異論が出る可能性もある。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信