外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 久留米大は11日、がんワクチン治療と研究の合同施設としては世界初となる「がんワクチンセンター」を福岡県久留米市に開所した。臨床試験としての治療を受ける患者受け入れを増やし、3~5年後のワクチンの医薬品承認を目指す。がんワクチンは、がん細胞表面にあるタンパク質の突起(ペプチド)を標的に、リンパ球ががん細胞を攻撃することを応用した治療法。外科手術、抗がん剤、放射線に次ぐ第4の治療法とされる。

共同通信