外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 11日午前7時5分ごろ、福岡市中央区鳥飼のマンション駐車場で、男性が倒れているのを近所の女性が見つけた。男性は既に死亡しており、九州大はヒ素化合物の紛失騒ぎに関係した佐伯和利准教授(47)と確認したと発表した。県警は自殺とみて調べている。県警によると、マンション7階にある佐伯准教授の自宅前の廊下に脚立があり、脚立を使って手すりを乗り越えたとみられる。自宅のパソコンに遺書のような文章があった。

subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

共同通信