ナビゲーション

ナビゲーションへ

グローバルメニュー

九州大教授、吉岡斉氏が死去

 東京電力福島第1原発事故を巡る政府の事故調査・検証委員会委員を務め、脱原発活動に携わった九州大教授の吉岡斉(よしおか・ひとし)氏が14日午前8時すぎ、肝神経内分泌腫瘍のため、福岡市の九州大病院で死去した。64歳。富山県出身。葬儀・告別式の日取りは未定。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。