外部リンクへ移動

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

 昨年3月の九州新幹線鹿児島ルートの全線開業後、大阪―熊本で新幹線のシェアが飛行機を逆転したことが26日、九州経済調査協会の調査でわかった。大阪―鹿児島でも新幹線がシェアを大きく伸ばした。同協会は新幹線のスピードアップが最大の理由とみている。国土交通省の調査で09年度の大阪―熊本の新幹線シェアは19・9%だったが、開業後に48・5%と2倍以上になった。一方、飛行機は79・8%から39・9%と半減。

Neuer Inhalt

Horizontal Line


subscription form

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

ニュースレターにご登録いただいた方に毎週、トップ記事を無料で配信しています。こちらからご登録ください。

swissinfo.ch

この外部リンク先サイトのコンテンツは、当該リンク先サイトの管理者にあるため、アクセシビリティに対応していない可能性があります。

共同通信